領域活動
第2回研究会「性差研究における大規模データ解析」
日時: 2013年1月22日(火)
場所: 九州大学医学部コラボステーション

この研究会は領域内の「大規模データ」を領域メンバーが共有することで、領域内の連携・共同研究の可能性を探るために企画しました。大規模データからの情報は一つの研究室で全てを理解し、利用することは到底不可能であるとの実感を抱いています。同時に、大規模なデータの情報を咀嚼するには多方面からの議論や指摘が必要です。この研究会がそのような機会となればと願っています。

 
1月22日(火)
9:00須山幹太:
(仮題)領域内のデータ処理の現状
10:00 馬場 崇:
副腎皮質由来Y-1細胞と成獣ライディッヒ細胞におけるAd4BPのChIP-sequence
11:00 田中 実:
次世代シークエンサーを用いた生殖細胞性分化解析
12:00 昼食
13:00 高田修治:
胎仔生殖腺における転写因子・転写コファクターのWhole mount in situ hybridizationによる発現解析
14:00 宮林香奈子:
胎仔ライディッヒ細胞のトランスクリプトーム解析
15:00 深見真紀:
次世代シークエンサーを用いた性分化疾患患者の遺伝子変異解析
16:00 山田 源:
外性器トランスクリプトームの現状
17:00 終了

当日の様子

← 領域活動トップページへ戻る