領域活動


pdf形式(696KB)jpg形式(758KB)

市民公開シンポジウム
この度、市民公開シンポジウム「性の不思議ー女と男ー」を福岡にて開催することとなりました。このシンポジウムでは、ヒトを含む色々な動物の性がどのように決まるのか、そして雌雄の差(性差)がどのような意味をもつかなど、興味深い話題を取り上げ、理学、医学、農学、水産学などの分野で活躍中の研究者の講演を予定しています。また、2009年1月から3週に渡ってNHKスペシャル「女と男 最新科学が読み解く性」が放送されたことをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。わたくし達はこの番組の制作に研究者の立場から協力しました。本シンポジウムでは、番組の制作に協力した研究者の講演も予定しており、実際に放送された映像を見ながら詳しい解説を行います。このシンポジウムを通じ、「性・性差」について、参加頂いた皆さん方とともに考えてみたいと思っています。

領域代表 諸橋 憲一郎



市民公開シンポジウム「性の不思議ー女と男ー」
日時: 2013年12月21日(土) 15時〜17時30分
場所: 九州大学病院キャンパス
コラボ・ステーションI 2階視聴覚ホール
(福岡市東区馬出3-1-1) 病院キャンパスマップ
講演者:
諸橋 憲一郎(九州大学 教授) 黒岩 麻里(北海道大学 准教授)
大久保 範聡(東京大学 准教授) 田中 実(基礎生物学研究所 准教授)
菊水 健史(麻布大学 教授) 緒方 勤(浜松医科大学 教授)
当日の様子
あられと雷が鳴る中、250名に及ぶ高校生が福岡各地から席が足りないほど聞きにきました。ユニークな講演と質問で会場は盛り上がりました。研究に関心を持ってくれた若い人々がここから出てくることを確信しています。


← 領域活動トップページへ戻る