領域活動

ワークショップ「よく分かる次世代シークエンサー解析 〜最先端トランスクリプトーム解析〜」
すでに次世代シークエンサー(NGS)解析は、様々な研究者が取り入れています。NGS解析にはWetと呼ばれる分子生物学的手法と、dryと呼ばれる計算科学の手法の両方が必要です。この両者の連携が解析の成功のカギを握っています。そこで、WetからDryまでの最先端の研究者を招いて、特にトランスクリプトーム解析手法についてのセミナー(1時間)と人数を限定したトレーニング(1.5-2時間程度)を開催します。
本ワークショップではトランスクリプトーム解析を対象とします。現在焦点となっている1細胞解析、ゲノム解析、統計解析の観点から先駆的なトランスクリプトーム解析を行っている研究者を演者に迎えます。トップレベルの解析技術を一度に網羅できるまたとない機会です。奮ってご参加ください。尚、参加無料ですが、事前登録をお願いします。トレーニングはスペースの都合上、先着順とさせていただきます(同一研究室からのお申し込みは調整させていただくことがございます)。


ワークショップ「よく分かる次世代シークエンサー解析 〜最先端トランスクリプトーム解析〜」
日時: 2014年3月17日(月) 〜 19日(水) 13時〜16時30分
場所: 九州大学病院キャンパス
コラボ・ステーションI 共同セミナー室A・B
総合研究棟 ITルーム
(福岡市東区馬出3-1-1) 病院キャンパスマップ
対象者:
NGS解析を始めようとする初心者やウェットをメインとする実験系研究者。
トレーニングについては都合上、20人を上限とさせて頂きます。(セミナーの人数制限はなし)
但し、同一の研究室からのお申し込みが多数あった場合は、調整させて頂きます。
※3日間のセミナー全てに参加されなくても結構です。また、セミナーのみの受講の場合、申し込みの必要はございません。
内容、参加申込み:
ワークショップの内容・申し込みについての詳細は、以下のURLをご覧下さい。
http://chromatin.med.kyushu-u.ac.jp/archives/218


← 領域活動トップページへ戻る