領域活動

ワークショップ「よく分かる次世代シークエンサー解析 〜最先端トランスクリプトーム解析〜」
すでに次世代シークエンサー(NGS)解析は、様々な研究者が取り入れています。NGS解析にはWetと呼ばれる分子生物学的手法と、dryと呼ばれる計算科学の手法の両方が必要です。この両者の連携が解析の成功のカギを握っています。そこで、WetからDryまでの最先端の研究者を招いて、特にトランスクリプトーム解析手法についてのセミナーと人数を限定したトレーニングを開催しました。


ワークショップ「よく分かる次世代シークエンサー解析 〜最先端トランスクリプトーム解析〜」
日時: 2014年3月17日(月) 〜 19日(水) 13時〜16時30分
場所: 九州大学病院キャンパス
コラボ・ステーションI 共同セミナー室A・B
総合研究棟 ITルーム
(福岡市東区馬出3-1-1) 病院キャンパスマップ
対象者: NGS解析を始めようとする初心者やウェットをメインとする実験系研究者。
当日の様子

二階堂先生(17日)

長崎先生(18日)

門田先生(19日)

参加者風景(19日)
   


← 領域活動トップページへ戻る