領域活動 
「性差構築」若手研究者集会
日時: 2014年12月9日(火) 14時 〜 10日(水) 12時(予定)
場所: 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海(静岡県熱海市)*JR熱海駅から送迎バスで約5分
〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山717-18
TEL: 0120-405-056 FAX: 0557-80-4053
URL: http://www.h-atami.com

本集会は、「性差構築」研究者の若手(学生、ポスドク、自称若手)が、発表・議論・座談を活発に行い、若手同士および若手と自称非若手研究者の情報交換・友好を目的とする集会です。詳細は追って連絡致しますが、若手企画のセッションと若手によるポスター発表およびショートトークを予定しております。


若手研究者集会参加申込書ダウンロード
参加希望の方は、研究室ごとにまとめて参加申込書(excel形式)に記入の上、メールの添付書類として、ホテルフロントの秋山さん(h_akiyama@ayaha.co.jp)宛にお送りください。すでにメールした方で修正等がありましたら、メールの件名は「若手研究集会参加申し込みの変更」として、同じ宛先にメール添付をお願いします。
ショートトーク・ポスター発表の募集
ショートトーク(10分程)とポスター発表を募集しております。できれば、11月上旬までにお願いします。
外国の方を招聘しておりますので、パワーポイントやポスターの字は英語でお願いします。ショートトークで発する言語は、できれば英語を考えておりますが、日本語も可とします。希望者は、研究室ごとにまとめて以下の情報(1〜3)を記入の上、山田(gensan7@wakayama-med.ac.jp)と 伊藤(ito@sci.kitasato-u.ac.jp)宛にお送り下さい。
1.発表者名、2.発表題名、3.発表形式の希望(ショートトーク または ポスター発表)
招待が決定している先生(一部)の簡単な紹介
You-Qiang Su先生(Nanjing Medical University, China)
"oocyte-granulosa cell regulatory loop" をkey wordとして、哺乳類での卵母細胞の形成機構を研究されています(Science 2012)。
木内 隆史先生(東京大学)
カイコの性決定遺伝子がついに決定しましたが、なんと性決定をおこなう産物はタンパク質ではなく、小分子RNAのpiRNAだったそうです(Nature 2014)。
林 良樹先生(基生研)
ショウジョウバエにおける "PGC development" がメチオニン代謝によって制御されるそうです。
林 克彦先生(九州大学)
哺乳類で、多能性幹細胞から成熟した配偶子を作り出すなど、常に独創的な研究を進められています。
岡本 郁弘先生先生(京都大学)
哺乳類の初期胚における不活性X染色体の選択性、不活性X染色体ダイナミクス、さらにその制御機構の研究をされています(Nature 2011)。


← 領域活動トップページへ戻る