研究概要

多くの生物種にはオスとメスが存在し、両者の間には明瞭で多彩な性差が認められます。本領域研究では、この性差の構築に関わる分子基盤を、クロマチンそして細胞のレベルで明らかにすることを目的としています。動物個体の発生過程において、性的に未分化な生殖腺原基は精巣または卵巣へと、その運命を決定しますが、この生殖腺の性決定が動物個体の性決定と考えられています。そして、この性決定に続く性差構築の過程が本領域の研究対象です。

初期の性差構築は生殖腺で進みます。そしてこの過程は、基本的には遺伝的プログラムに基づいており、精巣と卵巣に特有の性ホルモン産生細胞が分化することになります。次にこの性ホルモンの作用により、胎生期から出生後の個体の発達過程で、性差は生殖腺のみならず、個体全域に構築されることになります。

すなわち性差構築は、精巣と卵巣に性ホルモン産生細胞が分化するまでの第一のステップと、性ホルモンを中心とする制御によって個体全域で進む第二のステップからなると考えられます。これら二つのステップは、共に時間・空間的かつ階層的な遺伝子発現のもとに進行しますが、前者は「遺伝的制御」によって、そして後者は性ホルモンを中心とする「内分泌制御」によって支配されています。

本領域研究では、上記二つの制御系とそれらの相互作用に焦点を当てることで「性差構築の分子基盤」を明らかにし、性の生物学的意義、ひいては生物多様性の根源的な理解を得ていくことを目的としています。

 研究課題名

計画研究(平成22年-26年度) ↓ 公募研究(25年-26年度) ↓ 公募研究(23年-24年度) ↓

 計画研究(平成22年-26年度)

研究項目A01:遺伝的制御による性差構築

性特異的エンハンサーを介した性差構築
研究代表者: 諸橋 憲一郎 (九州大学 大学院医学研究院)
W染色体とY染色体に制御される性差構築
研究代表者: 伊藤 道彦 (北里大学 理学部)
ヒト疾患解析にもとづく性差構築機序の解明
研究代表者: 緒方 勤 (浜松医科大学 医学部)
ゲノム情報解析にもとづく性差構築機構の解明
研究代表者: 須山 幹太 (九州大学 生体防御医学研究所)

研究項目A02:内分泌制御による性差構築

内外生殖器の性差構築
研究代表者: 山田 源 (熊本大学 発生医学研究所)
生殖腺の性差構築と維持機構の解明
研究代表者: 田中 実 (自然科学研究機構 基礎生物学研究所)

 公募研究(平成25年-26年度)

研究項目A01:遺伝的制御による性差構築

X染色体不活性化機構が作る常染色体クロマチンの性差の解明 
研究代表者: 長尾 恒治 (北海道大学 大学院先端生命科学研究院)
性ホルモンに依存しない性差構築の分子基盤
研究代表者: 佐藤 耕世 (東北大学 大学院生命科学研究科)
哺乳類の卵巣の自然発症的な雄性化の分子基盤
研究代表者: 金井 克晃 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)
XY型とZW型性決定システムにおける生殖腺性差構築機構の違い
研究代表者: 三浦 郁夫 (広島大学 大学院理学研究科)
マウス胎仔生殖巣の性差構築に関する分子基盤の解明
研究代表者: 田中 聡 (熊本大学 発生医学研究所)
マウス全転写因子の発現解析をもとにした性差構築の分子機構の解明
研究代表者: 高田 修治 (国立成育医療研究センター研究所 システム発生・再生医学研究部)
性同一性障害の遺伝的発症基盤から探る性差
研究代表者: 黒滝 直弘 (長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科)

研究項目A02:内分泌制御による性差構築

魚類の脳の性差に可逆性をもたらす分子基盤の解明
研究代表者: 大久保 範聡 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)
遺伝子配列特異的エピジェネティック制御によるマウス腹内側核の機能的性差形成
研究代表者: 今村 拓也 (九州大学 大学院医学研究院)
卵巣および精巣局所因子の発現、機能解析による配偶子形成機構の解明
研究代表者: 島田 昌之 (広島大学 大学院生物圏科学研究科)
哺乳類生殖巣の雌性維持機構の解明
研究代表者: 杉浦 幸二 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)

 公募研究(平成23年-24年度)

研究項目A01:遺伝的制御による性差構築

鳥類特異的な生殖腺性差構築に関わる新規遺伝子の解析
研究代表者: 黒岩 麻里 (北海道大学 大学院理学研究院)
哺乳類の卵巣の自然発症的な雄性化の分子基盤
研究代表者: 金井 克晃 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)
ツチガエル地域集団における生殖腺性差構築システムの多様性と普遍性
研究代表者: 三浦 郁夫 (広島大学 大学院理学研究科)
マウス全転写因子の発現解析をもとにした性差構築機構の解明
研究代表者: 高田 修治 (国立成育医療研究センター システム発生・再生医学研究部)

研究項目A02:内分泌制御による性差構築

慢性炎症性疾患発症性差を決める新規分子基盤の探索
研究代表者: 佐藤 隆史 (群馬大学 生体調節研究所)
胎盤のアロマターゼが性差発現に果たす役割についての個体発生・系統発生学的研究
研究代表者: 生水 真紀夫 (千葉大学 大学院医学研究院)
メダカの脳機能における性差の逆転機構の解明
研究代表者: 大久保 範聡 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)
ホルモン依存性の性差を生み出すエストロゲン受容体核内・核外作用機構の総合的解明
研究代表者: 東 浩太郎 (東京大学 医学部附属病院)
難治性心疾患の病態発現における性差構築の分子機序
研究代表者: 木村 彰方 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所)
性シグナル伝達を司る神経回路の性差構築機構の解明
研究代表者: 菊水 健史 (麻布大学 獣医学部)
骨芽細胞におけるクロマチン性差
研究代表者: 福井 由宇子 (国立成育医療研究センター 分子内分泌研究部)
↑ このページトップへ戻る