三浦 郁夫 業績リスト

2015年

*Miura I, Ohtani H, Ogata H and Ezaz T.
Evolutionary changes in sensitivity to hormonally induced gonadal sex-reversal in a frog s species.
Reproduction, 2015 (in press)

2013年

*Miura I and Ogata M .
Change of heterogametic sex from male to female: Why so easy in the frog?
Chromo Sci, 16, 3-9, 2013

2012年

Miura I, Ohtani H and Ogata M.
Independent degeneration of W and Y sex chromosomes in frog Rana rugosa.
Chromo Res, 20,47-55, 2012 (Faculty of 1000 Medicine 掲載)
ツチガエルのW染色体とY染色体は、同一の起源を有するが、遺伝子退化によって生じた致死遺伝子はお互いに共有されていなかった。しかも、W染色体上の致死遺伝子は2つの地方グループ間でも異なっていた。したがって、W染色体やY染色体の遺伝子退化は進化上、事前のシナリオを共有しておらず、それぞれ独立に進行していくものと考えられる。

2011年

Miura I, Kitamoto H, Koizumi Y, Ogata M and Sasaki K.
An X-Linked Body Color Gene of the Frog Rana rugosa and Its Application to the Molecular Analysis of Gonadal Sex Differentiation.
Sex Dev, 5, 250-258, 2011
ツチガエルのX染色体に連鎖する色彩決定遺伝子(white-yellow, w)を同定し、色で雌雄を判別できる系統(XwXw♀/XwYW♂)を確立した。この系統により、性ステロイド産生に関与する2つの遺伝子Cyp17とCyp19(aromatase)が幼生初期の生殖腺で顕著な雌雄差発現を示すこと、さらに、Dmrt1とRspoIがそれらに先んじて雄ないし雌で高い発現を示すことがわかった。
← 研究業績トップページへ戻る